〈生き難さ〉のアーカイブス〜「詩を描く」若者たち〜(連載第13回) 川喜田晶子

  • 2018.06.30 Saturday
  • 15:28

 

〈けもの〉の匂い

 

〈けもの〉に喩える営みによって解放されるものがある。

 私たち、あるいは私たちの内なるなにものかを、解き放つための十七音、または三十一音の潔さ。

 

 大いなる鹿のかたちの時間かな  正木ゆう子

 

 梟(ふくろう)や森の寝息の漏るるごと  無田真理子

 

 早春の馬はしり過ぎ火の匂い  穴井太

 

 狼(おおかみ)のごとく消えにし昔かな  赤尾兜子

 

 こめかみは鱗(うろこ)のなごり稲光  秋月玄

 

 秋といふ生(いき)ものの牙夕風の中より見えて寂しかりけり  与謝野晶子

 

 夕月を手に取るやうにやすやすと我が鱗(うろくづ)に触るる君かな  桐島絢子(川喜田晶子)

 

「時間」が「鹿のかたち」に喩えられる新鮮さ。

「大いなる」によっておごそかな聖性が、「鹿」であることによって非日常的でありながら遠ざかり切らない、穏やかさと温かさをはらんで息づく生活の「時間」のとしてのたたずまいが、正木ゆう子の句には保たれている。融合の相貌で顕ち現れる、非日常と日常。手に触れられる距離と生身の体温。それでいて侵すべからざる聖性に充ちた、時間。生活の内にありながら、稀有な。稀有でありながら、この時間が無ければ私たちの存在を支える不可知の気配との接点もまた失われてしまうであろう、必須の時間。

 

 梟の啼き声を、森の寝息が漏れるようだと喩える、無田真理子の句。

 聴覚にだけ訴えかける句ではなく、〈存在〉の不可知の領域の気配を全身で触知する瞬間を生々しく想起させる。梟とは、実は森という巨大で得体の知れないけものの寝息が形になった姿ではないのか。あるいはまた、さらに測り知れない〈闇〉という存在の心の臓や魂がそこに横たわって息づいている姿を、私たちは「森」と呼んでいるだけではないのか。

〈闇〉の在り方への想像力を、ほの暗くそそのかす比喩の力。

 

「早春の馬」がはしり過ぎることで感じとる〈火〉の匂いとは何か。

 真夏の馬ではなく、「早春」であることで、穴井太の句からは、凄烈で若々しい切り裂くような危うさが放たれる。危険も伴う生命的な燃焼への予感と期待。まだ解放されていない、まだ燃やしていない、己れの内なる〈未知〉が、燃やすより前に〈火〉の匂いを発する。そんな領域が己れの内にまだあるならば、いかほどの齢であろうと、人は「早春」を生きているのかもしれない。

 

 日本から「狼」がいなくなったのは明治三十八年だという。

 前近代的な風土性と、それに育まれた人々の精神性が、〈近代〉によって駆逐されたことを嗅ぎ取ったかのように、姿を消した「狼」。

 赤尾兜子の句で消えたものは「昔」である。単に「昔」を懐かしんでいるというより、自分たちにふさわしい居場所ではないことを俊敏に察知して消えた「狼」のように、「昔」もまた、今の世に永らえるべきではないことを悟って消えていってしまったのかもしれない、という把握が滲み、苦さが伝わる句。

「時代」もまた、〈けもの〉のような嗅覚を持ち合わせているのだ。

 

「こめかみ」は、実は「鱗」のなごりなのだという、秋月玄。それも龍の鱗である。

 眼前の稲光に龍の荒ぶる姿を見た瞬間、作者の「こめかみ」もその龍に感応してうずいたのであろうか。かつて、己れが〈龍〉であった証をまさぐる恍惚。己(おの)が肉体のどこかに、聖なるものの痕跡を見出すことで、現実の不条理を踏みにじり、地上的な生の枠組みを揺さぶる。十七音の挑戦。

 

「秋といふ生もの」の「牙」を詠む与謝野晶子。

 無常観に己れを差し出すようになじませていた前近代的な情緒から逸脱し、近代的な自我の「寂しさ」を提示する。「秋」という生きものが夕風の中を晶子の魂へ忍び寄る。同じ孤独を、それも〈けもの〉のような孤独を、嗅ぎ分けるのかもしれない。その「牙」に噛まれて確かめられる「寂しさ」は、他の誰の「寂しさ」でもない、己れひとりの誇り高い、飼い慣らされることのない「寂しさ」である。

 

 自作から一首。相聞歌の体裁をとって解き放ちたかったもののかたち。

「君」は、たやすく「夕月」を手に取ることのできる存在である。人の世の理屈から存分に自在にはみ出した力の駆使。〈水〉の象徴としての「夕月」を、身体の延長のように扱うそのたやすさで、「我が鱗(うろくづ)」にも苦も無く触れることができる。そのたやすさは、逆に言えば、「我が鱗」の触れ難さ、扱い難さでもある。

 永く永く、たったひとりで守りぬいてきた「鱗」。誰にも気づかれず触れられず認められず、自らそぎ落とすことなく、守りぬいてきた「鱗」の〈意味〉が、魂の宙宇に潜んでいる。

〈意味〉へのもがきを秘めた「鱗」を、守りぬき解き放つ苦しみと歓びは、短歌という器に載ってどこまで届くだろうか。(この稿続く)

 

 

JUGEMテーマ:日本文学

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM